RSS | ATOM | SEARCH
離婚について弁護士に相談するタイミング
「離婚できる?離婚できない?」というタイトルの記事で、
合意があれば離婚できる、
合意がなければ裁判で離婚事由の有無を争い、離婚事由が認められれば離婚できる、
と書きました。

離婚の争いでは弁護士が代理人として付くことが多いですが、
どのようなタイミングで相談すればよいものやら分かりにくいですね。

夫婦の間の離婚問題には様々な段階や状況があります。
例えば、、
”徂悗琉貶が何となく相手に不満を持ち、離婚という言葉が頭にちらつき始めている段階、
夫婦の一方が離婚しようと心に決め、まだ相手には告げていない段階、
I徂悗琉貶が離婚したい、と相手に告げた段階、
ど徂悗隆屬芭ズГ垢襪海伴体に争いはないが、条件面で折り合わない場合、
ド徂悗隆屬芭ズГ垢襪海伴体に争いがある場合
などです。

,涼奮では、弁護士に相談なさっても、あまりお役に立つことができません。
離婚するかしないかはご本人の希望次第なので、何とも申し上げようがないからです。
ただし、離婚の手続きや離婚後に受け取れる手当等があるかどうかについて、
一般的なことが知りたい、というご相談でしたら、もちろん承ることができます。

△涼奮では、ご自身のケースがすんなり離婚できるケースか否か、
もし、その段階で想定し得る問題は何か、その問題への対処法はあるか、
等について弁護士にご相談頂くのは大変有効だと思います。

の段階では、離婚したい当事者の方であれば相手に離婚を拒まれた場合の対処法、
離婚の意思を通知された当事者の方であれば相手と離婚したくない場合の対処法、
等についてのアドバイスができるので、是非弁護士にご相談されることをお勧めします。
その後、調停手続等に進む場合にも、ある程度先行きを予想しながら手続を進めることができます。

ぁ↓イ涼奮に至っている場合には、是非すぐに弁護士にご相談下さい。
離婚の争いには、お子さんとの関係やお金の問題が絡んできます。
起こり得る様々な問題を早めに予想し、可能な対処をしておくことが肝心です。
また、その後の調停や訴訟に備える意味でも、
できるだけ早めにご相談されることをお勧めします。





 
author:純法律事務所, category:-, 14:40
-, -