RSS | ATOM | SEARCH
離婚できる?離婚できない? 2
前回の続きです。

裁判所の判決で離婚を認めてもらえる事情は、法律に具体的に書かれています。
民法770条1項
1 配偶者に不貞な行為があったとき
2 配偶者から悪意で遺棄されたとき
3 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
4 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
5 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき
以上です。
なお、、
○ 配偶者というのは夫婦の一方のことです。
  夫婦ABの場合、AにとってはB、BにとってはAが、配偶者ということになります。
○ 不貞な行為(不貞行為)とは、配偶者以外の異性と性交渉を持つことです。
  Aに不貞行為があればBにとっては離婚理由となり、
  Bに不貞行為があればAにとっては離婚理由となります。
○ 悪意の遺棄とは、正当な理由なく夫婦の同居義務、協力義務、扶助義務等を
  果たさないことです。
○ 強度の精神病か否かは、専門家の鑑定による判断を基に、法律的に判断されます
○ その他婚姻を継続し難い重大な事由については、裁判所が個別に判断します。

という訳で、もし、これらの事情がない場合、
いくら夫婦の片方が離婚したいと思っても、
もう片方が離婚したくないと考えている以上、
裁判によって離婚することはできません。

では、配偶者に不貞行為がなく、悪意の遺棄もなく、特に精神病との診断もない、
でも離婚したい、という場合、
配偶者の合意が無い限り、離婚はできないのでしょうか。

その点については、次回の記事で取り上げます。






 
author:純法律事務所, category:-, 11:04
-, -